信吉メモ

なんかメモとか(日記じゃないよ)
<< ニール・ゲイマンの | main | 明けましたね >>
干潟とナポレオンと父
0
    〜前の日記の引用とか

    ローズ・イン・タイドランド
    ローズ・イン・タイドランド(2005)  official site
    ※それとなくネタバレ含みますが、何となく支障無いようなあるような
    恵比寿の映画館で見ました(7/27)。ここ座席がソファーみたいで良いよ!
    やっぱギリアムいいです。でもこの映画、ギリアムファンにだけ見てほしいような気もする。幻想的ではないです。怖いです(直接的にといういわけではないけど)。言うなれば「現実の方にかなりウェイトを置いたバンデットQ」。R-15だった理由は途中から分かりました。死んだパパを剥製にしちゃうのです。すごい怖すぎる(描写自体は怖くないけど)。ママも早々に死ぬし。でも主人公ローズちゃんはいつでも楽しそうです。両親ともジャンキーだったし、そういう環境で育った子だっただからかな、両親にはとても愛されていたので怖く感じなかったのかな。障害を持つディキンズとお友達になっちゃうし(というより恋人?)。
    何よりも、とにかく主役ジェライザ=ローズ役であるジョデルのかわいいこと!子供らしいんだけどそこはかとなくただよう女っぽさも魅力的。他のキャストも素敵だけども。

    あとはギリアム作品で好きな、主人公のいる目の前で爆破が起こるというシーンもありましたよ。なのに主人公はいたって普通にしてるのね。まわりでみんな死んでるのにね。
    映像の方も、今の時代にしては割と「合成とは思えないキレイな映像」ではない感じ。予算がなかったのかわざとなのか、でもそれがギリアムっぽくて好きなのです。

    それとこの映画の舞台はワイエスの絵をモデルにしたとのこと。ああなるほどと思いました。
    …しかしあのラスト、これからローズはどうなっちゃうのでしょう…まさにバンデットQですよ(この映画についてはまた後ほど書きたいと思います)。

    そういえばギリアムがとってもすてきなこと仰ってましたので引用。ハリウッドの大物からたくさんのオファーを受けることについて
    「かっこいい俳優たちは逆のものを望む。いつも同じイメージの役が多いから、変わりたい、新しい自分になりたいと思っている。それを僕がぶっ壊してあげる。それは彼らにと
    って冒険なんだ。みんな冒険大好きだろう?」

    ああ冒険ですか、そうだよなあ、創作活動をする上で、冒険することを忘れたらおしまいなのです。怖がらず自分もどんどんやってしまおう、と思ったお言葉でした。

    バス男 ジョン・ヘダー
    ナポレオン・ダイナマイト(2004)  official site
    日本版のタイトルとジャケがあまりにもセンスないので捏造しましたが…察して下さい(他の人も思ってることだろうがな)。予想以上に素敵な作品でした。
     アイダホのさえない高校生、ナポレオン・ダイナマイトとゆかいな仲間たちの映画なんですが(仲間たちって…)、ただのおバカ映画かと思ったらなんかこう青春してて、みんなスレてなくてとても好感の持てる作品でした。特に色とか間が良かった。もちろんヌルいギャグも面白い。
    あと、ラフォーンダがしずちゃんに似すぎているのが気になりまくりでした。あーペドロのTシャツほしい!
    それにしても27才で高校生のナポレオン・ダイナマイトを演じたジョン・ヘダー君ですが、普通にしてると逆にかっこいいのではないか…? 不思議。 →参考
    というか、ナポレオン役とペドロ役の二人にはそれぞれ、双子の兄弟がいるらしい。

    父、帰る
    父、帰る(2003)  official site
     写真でしか見たことのなかった父親が12年振りに帰ってきて、兄弟2人を旅に連れ出す、という話。ただただ静かなロシアの映画。 風景の綺麗な映画だった。音楽も良かった。
     映像が綺麗なんじゃなくて、風景が綺麗だったのですよ。だから人間が主役というよりも風景の中に人間がいる、という感じ。
    でもなんかこう…ああしてこういう展開になっていくのか…と予想していたのですが、後半見事に予想を裏切られ、ああ!なんて!なによそれは!といった感じでした(その展開にはついていけず、ちょっと戸惑った)。
    ストーリーは結構謎の多いものなのですが、それでもまた観たい、と思ってしまったのは、やはりとにかく風景の綺麗な映画だったからかなあと思います。逆にハッキリとさせないから良かったのか。ぼんやりな割にキャラがきちんと立っていたのも良かったような。 あと、最初と最後の方に出て来る塔が印象的でした。ちなみに兄役のウラジーミル・ガーリンが、ヴェネチア映画祭の2ヶ月前にロケ地である湖で溺死したとのことです(ロシアって溺死多いとかどこかで聞いたような…寒いから助かりにくいのかな?)
     ああでも…悲しい映画だなあ。でもDVD欲しいなあ…。
    | snkch | 映画 | 23:27 | comments(0) | - | - | -









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    このページの先頭へ