信吉メモ

なんかメモとか(日記じゃないよ)
グレイズなんとかから・ふたたび
0
    The Only Thing I Ever Wanted
    Psapp - The Only Thing I Ever Wanted (2005)
    エレクトロニカでトイ系(プサップかと思ったら「サップ」とと読むらしい)。Grey's AnatomyのCDから発見したんですがいいですね。
    買ったのは1stの「Tiger, My Friend」でしたが、finetuneで再生してみてこの2ndの「The Only Thing〜」の方が好みの曲が多いことに気付く(だって買ったところがそっちしか取り扱いがなかったんだもの…)。
    PVもいろいろかわいい(ここからどうぞ)。
    公式

    Kate Havnevik
    こっちもGrey's〜の中に入ってた人(2枚目の方)。ノルウェー産。やさしい感じ。
    音、映像→ KaleidoscopeUnlike Me(LIVE)

    Ursula 1000(ウルスラ・ワンサウザンド)
    ラウンジ系DJ、ウルスラ・ワンサウザンド。Grey's〜のCD2枚目に入ってます。そこにも入ってる「Kaboom!」良いっすね(映像違うんですが…こんな曲 ←途中「オハヨウゴザイマス」とか言ってるよ)。
    PV→Kinda Kindy


    あとはまた色々ちょこちょこ紹介

    Koop
    スウェーデン出身の2人組。
    結構好きなのですよ。「VIDEOS」から映像見られます。が、サイトのトップで流れる「Koop Island Blues」や、「Baby」のRemix ver.、「Glomd」あたりが好きです。

    Yukimi Nagano
    イエテボリ(Gothenburg/SWEDEN)在住の日系アメリカ人。Koopで歌ってたりします。シックな感じで素敵な歌声ですよね。
    今年も来日(東京や名古屋)するみたい。いいなあ 行きたい(去年行けんかったーよorz)
    little dragonではボーカリストとして参加してますが(ここのイラストいいですね)、これが…なによ「ハンドメイドジャケの限定1000プレス」って!ここのショップ以外では手に入らんのか…アマゾンとかよう…買うしかないのか!ないのか!?
    それと、YukiJoboの「Supernova Sky」という曲でボーカル参加しています。
    …ミクシィでは長野雪見という表記もあったんですが、日本名これでいいのかな?

    A New Standard
    Steve Tyrell - A New Standard(1999)
    「花嫁のパパ2」の一番始めに「Give Me The Simple Life」を歌っているのがこのスティーヴ・タイレルなんだけど(この曲は有名な人たちが沢山歌ってるんですが、オリジナルは誰なんでしょう??) 、ハスキーで、すごい素敵な歌声です。いいなあ
    はじめ黒人かなーとか思ったけども違いました。どうやらこの人もともと音楽プロデューサーで、50才でのソロデビューとのこと。
    調べてみたら「花嫁のパパ」1作目でクラブシンガーの役で歌っていたらしいです。しかもすごいのが、ロッド・スチュワートも彼に惚れ込み、ついにはスティーヴ・タイレルにCDをプロデュースしてもらったとか。一昨年ブルーノートに来てたんだってー 行きたかった。
    解説
    動画もある これいいなあ それと、彼のようつべページ→やら、Give Me The〜の動物バージョン これもいい(どうやらこれ、色々と有名な方が歌の参加してるとのことですが…誰なんだろう)。

    Sarah Blasko
    オーストラリアのサラ・ブラスコ。歌もいいんですけど、それよりアルバム「What The Sea Wants, The Sea Will Have」のジャケがいいですね。今現在の彼女のサイトトップ画像がジャケからです。オーストラリアもいいっすね。うむ。
    「んーと…、ちょっとお前の彼氏おかしくないか?」的プロモ(Planet New Year)も、なんかまあ別段驚く映像というよりも、なごめていいです。


    …と、ここまですてき系で割とまとめてきましたがすみません
    森の妖精ことコルピクラーニ新譜出て来日決まりましたね。アマゾンランキング見ていたら、かなり上位でびっくりしました(発売日当日は149位くらいまでになってたのを確認)。そんなに売れてるのか。
    アルバム邦題、各曲のタイトルがひどすぎてよろしいです(1/2/3)。
    例えば「酒場で格闘ドンジャラホイ」とか。訳詞はさすがに普通なのかしら…いやどうなんだろうか
    でも個人的には、嫌いではない音です。ジャンルは森メタル(何それ)。

    続きを読む >>
    | snkch | 音楽 | 03:03 | comments(0) | - | - | -
    バレエfinetune
    0
      新たに作るとは思ってなかった、finetuneのプレイリストを作りました(MGMミュージカルのはずっと作りかけなんだけど)。
      その名も「Ballet Music」。バレエ音楽のプレイリストです。ということで、今回はfinetuneの話をひとつふたつ。
      あ finetuneってのは、右→の柱にある黒い四角いやつです。

      いつもの「shinkichi's CD rack」というのは、緑の三角ボタン押せば自動的に流れるんですが、別のプレイリスト「Ballet Music」は、プレイヤー左上の人型のアイコンを押し、「USER PROFILE」をクリック、そうするとプレイリスト名が出て来ます(現時点で2つ作ってあるので2つ)。そこの、「Ballet Music」を選択すれば再生されます。
      ※ちなみに、Finetune Desktopというアプリケーションがあるのですが(ブラウザからでなくて単体のプレイヤー。便利)、これを起動させた状態でこの動作を行うと、ブラウザかFinetune Desktopどっちで再生すんの、といった選択肢が出て来ますので好きな方を選んで下さい。

      最近気付いたんですが、色々機能が増えてるのか、その左上のアイコン押すと、青く「ARTIST RADIO」ってのもありますね。
      これは私が好きなアーティスト登録しておいたのが出て来るんですが、その名前を押すと、その人の曲から始まり、あとは似たような人とかのを流してくれます。フォームもあるのでそこから検索しても同じように曲を流す事ができたり、私は結構これで新規開拓できたりしててなかなかおすすめです。


      …にしても、バレエ関連45曲集めるのは久々に大変でした。普通のプレイリスト作るよりもめんどくさかった。だって例えば白鳥だったら1枚のシーデーに沢山の曲入ってて、どれがどれだか分かりにくい曲名なので探すのが面倒という…orz しかもfinetuneは1つのアーティストにつき3曲までしか入れられないから、白鳥で4曲以上入れたいとすると、色々なオーケストラとかの白鳥シーデーから探さなくてはいけなかったり。
      でもそのかいあってか、お気に入りのプレイリストを作ることができましたよ。恐らく皆さんも御存知の曲が多いと思います。バレエ音楽って大好きだー。短い曲の中に性格があるというか。映画とかの音楽というよりも、歌とかゲームの音楽に近いのかな。この感覚は。クラシックいいね。

      瀕死の白鳥はちょっとテンション違ったかなー。退けとこうかな(ボレロとかも雰囲気変わりそうだから入れてない)。
      …しかし、何か急いで作業してる時に「花のワルツ」とか流れると何とも不思議な気分になって来ます。あああようせいさんがアハハ…的な(そうか?)。
      あとは、(昔バレエをやっとったので)自分の踊ったのとか、踊った事ないけど他の子が踊ってる曲とかでもステップや動きの流れとかは何となくは覚えてるもんで、聴きながら体が動きそうになったりとか。黒鳥とかの見せ場があるような音楽がかかると、習慣で拍手しそうになったり←まじで(黒鳥は32回転するんで、良い演技だと途中で拍手が起こります。バレエはそうゆうもんなので。…習慣って恐ろしい)。

      <黒鳥メモ>
      その1…アメリカン・バレエ・シアターのGillian Murphy(ジリアン・マーフィー) 32回転以上してます。軸がキチンとしててキレイ。
      その2…ちょ…!だれ!4回転とかえ?6回転…まわりすぎだ!
      なんか白鳥とかは、つうか王子おまえ…それ白鳥じゃないから!ニセモノだから!何黒鳥にうつつぬかしてんの!「志村うしろうしろ!」的な、なんかそういうのいいよね(え?)。バレエって、悲恋とか呪いとか多いから面白い。

      くるみ割り人形とかもいいけども、シンデレラや眠れるの森の美女とかが好きかなあ(ってあまり詳しくないんだけど)。シンデレラはダンスのレッスンとか、オレンジとかの音楽が好き。眠りは冒頭で色々な妖精が祝福したり(これはディズニー映画とかでも出て来ますね)、最後の婚礼の際には、色んな有名人が出て来て楽しいです。青い鳥やら赤ずきんちゃんやら。
      | snkch | 音楽 | 02:51 | comments(0) | - | - | -
      フランス
      0
        フランスと言えば、GOLDEN EGGSのミシェル先生を思い出さずにはいられませんが。
        ああDVDほしいいなあ…

        ということで、フランスあたりの音楽から。

        Benjamin Diamond
        フランス人プロデューサー兼シンガー・ソング・ライター。
        プロモ2件ほど。
         ・Fit Your Heart 虫世界と人間世界と。こういう映画見てみたい。
         ・There is a girl おなのこかわいいのに…のに…あの人こえーよ(ブルブル)

        HushPuppies - Single
        Benjamin Diamond関連で。
        なんつうかアホっぽい。でもはまる。オチもアホ。
        フランス産。サイトはこちら

        AVRIL (Fred Magnon) - Be Your Self
        eMusicから発見してしまいました。フランス語の歌詞の響きがまたかっちょいい
        サイト
        にしても…AVRILって検索するとアヴ リル・ラヴィーンって出て来るなあ
        おまけ・Be Your Self のライブ版

        あとはいろいろと

        Blues Explosion - Burn It Off
        ハリーハウゼンなガイコツの国。映像のオススメ度は超オススメ!ってわけでもないのですが…ガイコツだったのでついつい。サイトもかっこいい。
        作ってるのはKalle Haglund。

        Welt
        Ohgr - Welt (2001)
        Skinny PuppyのNivek Ogreによるソロプロジェクト。なかなか聴きやすいです。視聴可ですのでドゾ。こん中に入っている曲のPV「Cracker」はこちら
        別のアルバムに入ってる曲「Majik」は一時期ハマってた動画でした。
        恐らくこの映像作ってるのはArtomic。トップの音楽がすてきです。作ってる作品もすてきです。

        Panic! At the Disco - I Write Sins not Tragedies
        割と好きです。アレンジも好きだなあ
        公式→Panic! At the Disco 公式のここのページがなかなかきれいです。

        Anthony Rother - little computer people
        一時期のヘビーローテーションだった。

        なんかへんなの見つけちゃった
        Verka Serduchka - ya popala na lubov
        (歌は40秒すぎから始まります)
        サイト
        そのほかのプロモ その1その2
        意外と普通に曲してるなあ
        | snkch | 音楽 | 20:53 | comments(0) | - | - | -
        けっこうメジャーなのとか
        0
          どうもこんにつはしんきつです。
          4/12のネイキッドカウボーイの写真のせいで、やたらと世界中からアクセスのあるこのブログですが、果たしてリピーター様はそのうち何割くらいいるのでしょうか。いや、あの男のお陰なんじゃなくて、オルセ ン姉妹の画像検索で来るっぽいのです。あまり聞いたことない国からとかまで…(さすがセレブ女優!)

          ということで、今回もメジャーどころを特集し媚び媚びでお送りしようかと思います(うそ)。いやでも、いつもよりはかなりメジャー寄りなアーティスト紹介なぞします。ひとまず超メジャーどころから。

          Snow Patrol - Set The Fire To The Third Bar
          女性ボーカルが泣きそうでつらい。
          公式サイト

          The Fray - How to Save a Life
          日本人でも共感しやすい曲調なような。
          日本公式公式サイト

          Les Claypool(レス・クレイプール)
          変態なのかーほえー
          なんつうか…ベースが聞いてて非常に気持ちいい!
          ひとまず色々貼っときます PVのアニメもいいな。
          One BetterLiveBuzzards of Green HillPhantom Patriot
          関連:OYSTERHEADPRIMUS

          The Noise Made by People
          Broadcast - The Noise Made by People (2006)
          現在finetuneにも入れてます。モンドでサイケでレトロスペイシーらしいです。
          PVはPAPERCUTSとか。なかなかすてきな音楽です。
          公式サイト

          Groove Armada - Get Down
          …うさぎこわっ!
          普通のうさぎのデザインなのになんでこんなに怖いんだ。うさぎは割とこんな楽しい素材でもあるようなので、今度うさぎ特集でもしたいと思います。ホントいつか。
          公式サイト

          VAST - Pretty When You Cry
          怖いといえば。こんな赤ずきんいたら怖い。公式サイトはこちら
          作ってるのはphilipp stolzl

          Lodger
          I love death」の動画で有名ですが(※ちょっとバイオレンスだとかオトナ向けだとか、そういう要素入ってるので苦手な人は注意…でもないか?)、ここのはホントにセンス良くて好きです。
          表情ないはずなのに、なーんか「人生」が見えて来ちゃうんだよね。どこかこの人たちの人生悲しいんだよなという気にさせられる。
          歌も合ってるんだろうな。
          ※動画はスロットで「MOVIES」の絵をそろえてください

          マキシム
          MAKSIM
          クロアチア出身のピアニスト、マキシムのサイト。
          こんなイケメンだったらそりゃあ人気出るだろうな…ってくらいの男前っぷり。
          (PV)Fight of the Bumblebee Directed by Sven Harding

          おまけ:桑田佳祐の歌うLOVEマシーン
          この曲、サザンの曲?ってくらい桑田節になっとる…
          原曲は特に好きでなくても、歌う人が歌うと何とも良い曲に聞こえるなあ
          基本的にサザンの歌は好きなんですが、そういえばこれもいい歌だよね
          あと、木下航志くんが花*花の「あ〜よかった」をアレンジして歌った時は
          本気で「こんなにいい歌だったのか…」と思ったりしました。
          | snkch | 音楽 | 00:28 | comments(0) | - | - | -
          音楽:いろいろと
          0
            前に紹介したのとそうでないのと
            脈絡もなく色々と

            Grey's Anatomy
            Grey's Anatomy Original Soundtrack (2005)
            ドラマ「Grey's Anatomy(恋の解剖学)」の中で流してる曲のCDがすごくいい。このドラマ見たことないし、CD自体は聴いたことないんだけども(finetuneで見つけた←ローシーン・マーフィーもここで初めて知った)、このドラマ見てみたくなった。
            ここで曲データ出しといてくれるのもすごいサービスいいな。つか Goldfrappの曲も流れてるのねー
            ということで、他のアーティストに関しても色々視聴してみようかと思っています。CD・その2もあるらしい。

            インドってば…
            この群衆の動きがどうもCG合成みたいに見える… 変な風に揃ってるってことか
            インドといえば基本は、Tunak Tunak Tanがすき
            元気出したい時最適です

            Metric
            カナダ産。かわいい。
            PV:Combat BabyMonster Hospital

            Crazy
            Gnarls Barkley - Crazy
            ロールシャッハなPV。すんごいかっこいいなあこれ
            このナールス・バークレー、知らなかったんだけどもグラミー賞とか受賞しちゃってる人なのねー。納得。
            別バージョンはこちら
            Goldfrappの「Strict Machine」思い出したけれども
            しかしStrict Machineの方は、これ作ってるJonas Odellってば似たような映像しか作らんから飽きた な
            でもボーカルのアリソンたんはいつ見てもいい

            Four on the Floor
            Juliette & The Licks
            女優のジュリエット・ルイス率いるパンクバンド、Juliette & The Licksのサイト。
            上の「Four on the Floor」のジャケが気になって「誰だろう」と調べてみたんだけど…うわーすげえかっこいい!
            サイトから、ビデオなどみられますのでぜひ。

            Emilie Simon - Flowers
            エミリー・シモンのPV かわいいなあ 声もかわいいなあ
            スタジオライブ
            エレクトロニカっぽいのもあるのかー こういうボーカルに機械音、ってすごい大好物ですエヘヘ

            Camille(カミーユ)
            なんつうか…エミリー・シモンもそうだけど、フランスってだけで全体的に魅力的に聞こえてしまうので(好みの曲調とボーカル)困ります。ええ困ります。
            きっとスウェディッシュ・ポップが好きな人も、同じような理由でスウェーデン産の曲聴くと全部買いたくなってしまうんだろうなあ。さわやか系?やっぱお国柄ってあるよね。

            Disaffected
            PIANO MAGIC
            グレン・ジョンソンを中心とした不定形ユニットらしいです(よく知らない)。
            音のジャンルは結構色々あるみたいですが(discographyの各CDにリンクされたレーベルへ飛ぶと試聴できるところもありますが)、割と静かな感じのが多め。良いですよー
            にしても、どのジャケットもかなり良いです(↑のとか…色々と)。
            …何故だかTextile RanchというところへのURLも一緒にメモしてあったのですが…何か関連性とかあるのかすっかり覚えてない。。。

            Will Young - Who Am I?
            私の大好きな「satisfaction」PVなどを手がけているDougal Wilsonの作品。
            ホットペッパーのCMみたい(真ん中あたりの、犬のシーンのところが特に)。ぬるい感じがいい。彼のその他の作品はこちら
            Will Young公式サイトもおしゃれでかっこいい。
            | snkch | 音楽 | 01:33 | comments(0) | - | - | -
            ちょっとひといき
            0
              最近あまりlast.fm使ってないのだけど、新しいツールが出たようだ(日本語版は相変わらず遅れてるので使えねー…使うなら英語版を)。

              新しいツールというのはLast.fm quilt(キルト)というもの。

              右の柱(メニューとかあるところ)の下の方に設置してみました。黒くて縦に長いやつです(管理者ページリンクの上)。

              これは、自分が今までに聴いて来たアーティストやアルバムのサムネイルを表示してくれるというツール(色々とカスタマイズできるので、アルバムジャケットを表示、とかもできる)。
              で、ここの気になった写真をクリックすると、last.fmのそのアーティストやアルバム詳細のページへ行くことができる。試しに行ってみると分かるのだけど、そのページの中に
              last.fm-1
              というものや、
              last.fm-2
              といったものがある場合、その中の再生ボタン(三角のアイコン)を押すと、その曲を30秒もしくはフルコーラス聞くことができる(ゴールドの三角アイコンが恐らくフルコーラス)。

              で、もし聴ける曲があった場合、このプレイヤーをブログなんかにも貼り付けることができるので便利なんですが…1曲分しか貼り付けられないので、finetuneみたいにある程度でいいから自分セレクト(おすすめ)の曲を貼り付けられるのがあると嬉しいなあなんて思います(多分これは未実装)。「こっち系の曲〜」というのなら、last.fmのラジオみたいなツールがあるんで、そういうものとしてはフルコーラスで設置できるんですけど。任意のものを数曲貼りたい…とかができない。各アーティストページ行くとまとめて何曲か聴けたりするんですけど。

              ちなみにこのキルト、場所とるだけで、実用性は…あまりなさそうな。なのでここのブログに置くかは保留中です。こういうとこに置くものは、finetuneみたいにできればすぐ再生!とか、実用的なものがいいかなあと。
              でもひとまず右の柱の、一番下の方に設置してみましたが…


              そんなこんなで私の大好きなフランスのkohannをみなさんに聴かせたく思うのですが…例により1曲のみしか設置できませんでした。まあ聴いてくれや
              | snkch | 音楽 | 19:55 | comments(0) | - | - | -
              おんがく
              0
                音楽ネタがまたたまりまくってるんでアップです。+前に掲示板で紹介したやつとか。
                音楽以外の他ジャンルのネタもたまっとるんでやりたいんですがねーむむ

                ルビー・ブルー
                ROISIN MURPHY
                MOLOKOのヴォーカリスト、ローシーン・マーフィー。Listenから視聴できます。プロデューサーはマシュー・ハーバート(ビョークとかの)とかがやってます。
                Last.fmの自分とこのラジオから「Ruby Blue」が流れて来て「かっこいいなあ」と思いチェックしてみたのでした。ポップでアヴァンギャルドらしいです。そうですか。聴きやすいんではないでしょか。

                MOLOKO
                ローシーン・マーフィー経由で。「Fun For Me」って曲の歌詞がすき。チクタクとかバウワウとかヒヒヒとか言ってるあたりが(これ10年前の曲なのか)

                Royksopp
                ノルウェー出身の二人組・ロイクソップ。
                What Else Is There?」という曲のボーカルが、どうしてもビョークと思いっきりかぶってしまうようなイメージがあるのでどうにも聴きにくいような…うーん(悪い曲ではないんだと思うのだけど)。

                The Pinker Tones
                バルセロナ産の'60年代ポップでキャッチーでハッピーな感じの2人組。
                とにかく聴きやすいのでまあ、流してみるのもいいのかも。曲や動画はDISCOGRAPHYからどぞ。沢山あるでよ

                イロモノ2件ほど
                Punk Bunny
                なんだこの変態馬鹿ユニットは…!(褒め言葉)トップページからいいシュミしまくってるんで、そういうのが大丈夫な方は是非ともPVを見ていただきたい。
                私はYou Tubeでいくつか見ましたが…「water sports」「I love steroids」あたりがおすすめ。サイトからでもDLすれば見られます。意外と音楽もいいんだ。
                この男性の方、ルイージという名前らしいんですがルックスがマリ夫の弟っぽいのですが何なのでしょうか。つか、PVにも出て来るゆかいななかまたちって…これいいのか…?色々と。珍妙な面々が…
                このエアボの左の人がルイージに似てる。ってヒゲのせいか。

                Gay Pimp
                Jonny McGovern扮するゲイピンプのサイト。直訳すると「ゲイのヒモ」みたいな感じですが…
                日本で言うところのHGみたいな人でしょうか(※ただしこっちは本物らしい)。意外と音楽がかっこいいです。ここに2曲分PVが見られます。あとはライブ映像に不覚にも「意外といいんでないか」と思ってしまった自分がいましたよ…。
                しかし「Soccer Practice」という歌は、「Suck Practice」とかけているわけですね(!!!)。

                シザーシスターズの「Laura」好きだな。他の曲は割と普通なんだが…
                なんでこのPV2種類あるのかしら(こっちの方が好き↑)

                Classix Nouveaux - Is It a Dream
                かなり昔のですが。てゆかなぜに剣道…(ツッコミ所満載です)
                しかしこの人の坊主(とファッション)は宇宙人みたいでかっこいい。スキンヘッドって、なんであんなに変な魅力があるのかな。私だけですか。
                やはりここに出て来る剣道の人は、「なんでここで剣道やらなきゃいけなかったんだろう…」と思ったに違いない。
                他にも違うの貼っとくよ やっぱありえないこの坊主は

                それとこのボーカルのサル・ソロ、誰かに似てると思いませんか。ずっと考えてたんですが…↓















                サルソロ

                激似じゃないですか
                | snkch | 音楽 | 02:38 | comments(0) | - | - | -
                ライブとか色々またしても音がk
                0
                  CSS-Tea
                  ■1/16(火) Cansei de Ser Sexy in Shibuya DUO -Music Exchange-
                  CSSライブでしたよー!当たり前だけど初!
                  ボーカルのLovefoxxxかわゆかった。ダイブしまくってました(私のとこには来なかったけど…)。
                  しかし…しかしアレでした、そういえばバンドでしたCSS、ダイブするんでしたLovefoxxx。ダイブするってことは、それだけおしくらまんじゅうだってことを考えるのをすっかり忘れてしまいました。幸か不幸かかなり前・しかも真ん中の方とれたので、はじまった途端にムギュウと。。。
                  ・息ができないぃぃ ぃ
                  ・目が…眼鏡がぁぁぁぁ(バ、バル…ス…) ←でも何とか無事
                  ・髪の毛がぁぁぁ
                  ・客の皆さんの滝のように流れる汗で私の服が。服が。 しみこん だ
                  と・・・そんな感じでした。久々にこういうライブ…っつうか、ここまできつきつだったのは初めてでどうしようかと思いました。特に男性がほとんどだったので苦しかったです。だんだん落ち着いてきたけども。ライブ自体はきっちり1時間で終わったので、何とかもちましたが。
                  大昔に行ったライブで腕振りすぎて翌日筋肉痛…ってのはあったけど…今回はそれ以前に腕もうまいこと動かせない感じでした。いつもは行っても踊る踊らないレベルの人口密度なんですが、さすがにここまで来ると2階行ってまったりしたかったなあというのもあり。逆に集中しにくいので… おばちゃん、あんたたちについて行けないわよ的な。
                  良かったことは、ライブ始まってLovefoxxxが↑をばらまいてくれたのをキャッチできたことかな。チョコかと思ったんだけど、紅茶でした(写真は裏と表を写したもの)。美味しそうな匂いがします。あとで飲もう。

                  White Lies
                  Deine Lakaien - White Lies(2002)
                  今まさに聴いてます。もっと重厚な機械音みたいな曲が多いのかなーとか思ってましたが意外とライトな感じのもあったりして。でも、音量いっぱいにして聴くと分かるんですが、すごい音がいいですね。ブックレットの写真とかの作り方も好きな感じ。ちょっとこわい感じのもあるけれども…。「Generators」のPVの雰囲気がそのままCDに来てる感じです。染色体とか。しかしこの曲、PVのアレンジが好きだったのにちょっと変わってて残念。
                  ところで「Dark Star」のライブ版(アコースティック)がすごくすごくかっこいいです。かっこよすぎです。トリハダが。。。是非とも生で聴いてみたい。

                  Betcha Bottom Dollar
                  The Puppini Sisters - Betcha Bottom Dollar(2006)
                  こちら全然ジャンル違うんですがご紹介。
                  1930~40年代の女性コーラスのようなスタイルの3人組です。歌もそうなんだけど、ビジュアル的にもその時代っぽくてそこが非常にかわいいです。しかも上手くて、選曲も「 Mr Sandman」だとか、ディートリッヒとかサッチモだとかいい感じです。ケイト・ブッシュの「嵐が丘」に至っては、原曲とは全然違うアレンジで歌の途中まで気付きませんでした。まあまだCD買ってないんですけどね(ようつべで見た)。
                  サイトで曲が聴けるのでよかったらどうぞ(左側です)。というか、サイトもおすすめなのです。季節はずれちゃったけど、「Jingle Bells」がお気に入りです。ってCDに入ってないのかorz
                  →アマゾンukでこんなの発見 動画いつから始めたんだろ


                  わりとどうでもいいこと・なんとなく似てるジャケ
                  ガイアII Black Cherry, Pt. 2
                  ヴァレンシアのガイアII(2000)とGoldfrappのBlack Cherry, Pt. 2(2004)
                  | snkch | 音楽 | 03:53 | comments(0) | - | - | -
                  またしても音學ネタですがどぞ
                  0
                    Thomas Fersen - Hyacinthe ※ちょっとこわい映像ですよ
                    ああーこの曲すごくいいな。いいよ。いいね、いいや(言いすぎ)
                    PV自体もいいが。こわすぎる(褒め言葉)。絵とか歌とかはなんとなくみんなのうたに使えそうな気がしますが、絶対に放送できません。

                    で、どんなおっさんが歌ってるのかと思ってサイト見てみたんですが…
                    ちょっとサイト間違ったかとおもたよおおお サギか
                    トマ・フェルセンという方で、フランスのトム・ウェイツと言われてるらしいです 。トム・ウェイツと言えば、学生時代「しんきつ好きそう」と勧められたけどよくわかんなくて非常に悔しい思いをしました
                    今聴いても…わからん。好きになりたいのになあ。悔しい
                    ちなみにHyacintheライブ版がこちら。いいねえヘヘ

                    フランス語ってずるいよなーと思う。言葉のあの感じがよく聞こえるあたりが。例えば筆で字を書くと良く見えるかのような。ですか?ちなみにうごいてるやつ「Borborygmes」もいい。どきどきするぜ

                    Noah?'s Ark
                    CocoRosie - Noah's Ark (2005)  official site
                    おともだちからいただきました(ココロージーと読みます)。
                    はじめ写真見た時はパンキッシュであやしい二人(前の二人ね)だな…とか思ったのですが、聴いてみてびっくりですよ。なんか宇宙に飛ばされそうな音楽でした。フォークだし。ちなみにこの二人は姉妹で、しかも20代だそうです。びびる。
                    サイトも宇宙電波出まくりなのでおすすめです。

                    Lo-Fi-Fnk - Wake Up
                    音はいいのに映像見たらへんな動きのエレクトロポップな二人組…そんなスウェーデン産。かわいーっつうより。見てると生気吸い取られて来そうだ。。。
                    なんかサイトのトップに喪黒さんいるような気がするんですが。

                    Sigur Ros(シガー・ロス)
                    アイスランド産。なかなか良いんでないか。
                    Glosoli という曲なんかは好きな感じだけど、シャッキリしたい時には向いてないな。

                    Loonaloop
                    オーストラリア産。1stの「That Was Hot!」という曲が気になる。他のも気になる。

                    OOMPH! - Das Letzte Streichholz
                    OOMPH!そこまでお気に入りというわけではないんですがひとまず紹介。なんつうか、ここに出て来る継母がドラァグクイーンに見えます。あと、PVの内容が歌詞に割とそっているそうです。
                    ドイツのバンドだそうでView数見ても分かる通り有名らしいんですが、日本では知名度ないですね。…ってドイツか!ドイツびいきですよわたくしは(気になるアーティストにおけるドイツ率が何故か高い)。読み方はウームフというそうですよムフフ←ちがう
                    サイトはこちら

                    今回のは3件くらい、Last.fmからのしんきつ専用ラジオから発見しました。いやー便利だ。私の音楽の履歴をどんどん学習して行くことで、これからもっとお世話になるであろう…うむ
                    | snkch | 音楽 | 13:26 | comments(0) | - | - | -
                    明けましたね
                    0
                      どうも明けましておめでとうございます。今年もよろしくです。

                      ということで、最近買ったCDメモなど。…の前に、いつも見ると元気出て来てかつちびりそうになるアニーのPV貼っておきます。
                      これって今までのアニーのPVのキャラが沢山出ていてファンには垂涎ものなのですウヘヘ …とは言ってもわたくしアニーファン初心者なもんで、初出が分からんものもあるのですが(違ってたらすまん)。一応参考程度にどっから出たかもLittle Bird登場順に書いておきます。むしろ私のために。
                      しかしこの映像のみDVD化されてないとか何とかなんですが本当なんでしょうか。うーん残念。しつこいようですが、わたくしの将来なりたいものはアニー・レノックスです。入ってる宗教はアニー教です。今年も変わらず。

                      Annie Lennox - Little Bird
                      ※残念ながら、ようつべで削除されてしまったようで再生できません。
                      また見られる日を願ってひとまずそのままにしておきます(し…ししししかし現在のお姿でのLittle Birdでも十分かっこよすぎるのでこっち貼っておこう。こここれで50代か…ファッションもお手本にしたい好みっぷりです)。


                      Sweet DreamsThorn in my SideBeethoven,You Have Placed a Chill in My HeartI Need A ManWhyUnder Pressure(これでいいのかな?)/Walking on Broken Glass
                      あとは、「I've Got A Life」にも昔のが少しだけ出て来ますね。個人的に、コスプレ盛りだくさんの「The King & Queen of America」もお気に入りですが。


                      Felt Mountain
                      Goldfrapp - Felt Mountain (2000)
                      これはいい。3rdから聞いたんで、結構イメージ違ってて驚いたんですが、これが好きな人はもしかしたら1stが一番好きなのではないのかなーという感じ。けだるい感じが。エレクトロニカでこういった風景の見えて来るような音を作るっていうのはいいですね。やはりこのアルバムの中での一番の傑作は「Utopia」ですね。他には「Lovely Head」、「Human」(スパイ映画っぽい音に弱い)あたりが特に好きかな(あーでも他のもいいな)。日本版を買ったので、リミックスver.やPhysicalのカバーなんかも面白くて良かったです。

                      Black Cherry
                      Goldfrapp - Black Cherry (2003)
                      goldfrappの2ndですね。ちょっと中だるみ感があるかなあ。ただ、他の人でもそうだけど、1stっていうのはそのアーティストが一番その人らしいっていう音を出していたりするもので、それで3rdになると落ち着く…っていうのがある気がするので、そのちょうど真ん中あたりを見るという意味では面白いかなあなんて思います(ビョークもそんな感じがする。ビョークは一番2ndが好きですけど)。「Hairy Trees」という曲が好きかな。1stっぽい。

                      99.9 F°
                      Suzanne Vega - 99.9 F° (1992)
                      スザンヌ・ヴェガはTom's Dinerがあまりにも有名だけども、最近この中の曲を聴いて今まであったイメージとは全く逆で、とても気に入りました。このアルバムの曲はめちゃくちゃかっこよくて好きです。「Blood Makes Noise」のこの映像がかっこいい。女性のサスペンダーって、似合う人がやるといいな。他のでは「As Girls Go」とかが好き。ブックレットのデザインもなかなか。
                      ちなみに日本版タイトルは「微熱」。

                      Under the Pink
                      Tori Amos - Under the Pink (1994)
                      私が買ったトーリのCDはこれで2枚目です。まだ買ったばかりで、全然聴きこんでませんが。はじめに買った「Boys for Pele」の方が、全体的に好きかな、写真も含め。「God」はのっけから「うわーケイトか!」という感じですね(悪い意味でないですよ)。この曲とか、「The Waitress」みたいな音の世界は無条件に好きです。うん、でも他の曲もいい。なんかこの人は、モノをちゃんと作って行こうっていう姿勢と技術がすごいですね。映像や、CD1枚をどう作るかとか、あとアートワークとか。ケイト・ブッシュとどうしても比較してしまうけれど、クリエーターとして、トーリの方がすごいなあと思います。ケイトは歌手としての溢れんばかりの才能と存在感はすごいけども。
                      あーでもこのCD、1つ難点があると言えば、仕様なのかもしれんが歌詞が見にくい。

                      Diva
                      Annie Lennox - Diva (1992)
                      どうでもいいけどこれとその上の2つは、似たような年代のCDなんですね。
                      えと、アニー・レノックスのソロ第一弾です。冒頭で上げたアニーPVにもいくつかここからの曲がありましたが、良い曲揃いですね〜ウハウハです。「Walking On Broken Glass」の曲調とコミカルなPVが結構お気に入り。しかしお美しい…(もうそれしか言うことはない)。が、それを楽しみにブックレット開けたら写真が1枚しか載っとらんって…寂しかったですよ、私は。

                      We Too Are One
                      Eurythmics - We Too Are One (1989)
                      これも写真全然ナイヨ…(寂しい)。それは置いといて、全体的にこの時代だからってのもあるのかな、好みの曲は少ないです。「Don't Ask Me Why」「Angel」はすごく好きですけどね。特に「Angel」のPVはなんてドラマチックなんだと。思いますよ。昔の映画を見ているようです(ここのモノクロのサムネイルのです)。てゆか、「Don't Ask〜」のPV、合間合間で棒みたいなのをポポンと鳴らす男性が気になりませんか?私は気になって仕方なくて、音楽だけ聞いてる時も彼を思い出してしまいます。
                      | snkch | 音楽 | 04:21 | comments(0) | - | - | -
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      このページの先頭へ